人気のハンモック泊やタープ泊も楽しめる!ソロキャンプに最適なアレンジ力の高いタープを9つご紹介

キャンプギア

出典:楽天

こんにちは、Natsu です。

近年、ソロキャンプやソログルキャンプ、ブッシュクラフトなどテントを使わないキャンプで、人気のハンモック泊やタープ泊を楽しむキャンパーがとっても多いです。

どちらのキャンプスタイルにも雨風などの自然環境から身を守ってくれるタープは欠かせません。

いざ、タープの購入を考えてもタープの種類が多くてどのタープを選んで良いかわかりません。

「ハンモック泊もタープ泊もしたい!どっちもできてアレンジが色々できるタープが欲しい。」

そこで、ハンモック泊やタープ泊も楽しめる!ソロキャンプに最適なアレンジ力の高いタープを9つご紹介しますので、ご参考にして頂けると嬉しいです。

ハンモック泊やタープ泊でタープを使うメリット

  • 雨風や外気から身を守る
  • より自然を感じ、開放感がある
  • 荷物が軽い
  • 見た目がカッコいい
  • アレンジ無限大

ハンモック泊やタープ泊では、テントが無いため屋根や壁になるタープは、雨風や外気から自分の身を守ってもらえます。

屋根や壁が何もない環境だと身体の体温を奪い危険な状態になるので、タープはとても重要になります。

「そこまでしてハンモック泊やタープ泊をしなくても…」

と思う方もいらっしゃいますか?

そうですよね…

でも、開放感があり、大自然をよりダイレクトに五感で感じ、ワイルドでワクワクするハンモック泊やタープ泊に魅了されて、ハマっていくキャンパーは続出しているんです。

そして何より荷物が軽い!コンパクトに収納できるので、バック1つで移動するにも大変重宝されています。

タープは、テントと組み合わせて使えるタープとしてはもちろん、ハンモックの屋根としても使えたり、タープ1つでテントのようにもできて、1つのタープで色々な形ができるタープアレンジは、無限大に広がります。自分だけのタープアレンジは、テントでは味わえない満足感を感じることができます。

ハンモック泊やタープ泊でタープを使うデメリット

  • 天候に左右されやすい
  • 虫対策が必要
  • 寝る時のドキドキ
  • プライバシーを守りにくい

テントのようにしっかりと覆うお家的な守られている感じではなく、テントより外にいる感じが強いので、雨風や気温など天候の影響を受けやすいです。

開放的なキャンプスタイルですが、虫には困ってしまいます。蚊帳を使用したり、虫が寄ってこないよう工夫する必要があります。

ハンモック泊やタープ泊は、アレンジによってプライバシーを守ることもできますが、開放感のあるアレンジだとプライバシーは守りにくくて、就寝時の生き物を感じる緊張感もあるので、無理はせずに自分のキャンプスタイルに合ったタープアレンジをおすすめします。

ハンモック泊もタープ泊も楽しめるアレンジ力の高いタープを9つご紹介

DD Tarp タープ

出典:amazon

使用サイズ300×300㎝ 350×350㎝ 400×400㎝ 450×450㎝

150×280㎝ 250×350㎝ 290×300㎝ 300×450㎝

収納サイズ
ループ19~25箇所
耐水圧3000㎜

大人気、DDタープ!

190Tポリエステル製の防水加工を施してあり、耐水圧3,000㎜と急な大雨にも対応できます。山や冬のキャンプの過酷な環境下にも抜群の実力を発揮します。

また、使用サイズが細かく分かれているので、好みに合ったサイズ選びでタープアレンジの幅が無限に広がる万能タープが魅力です。ビギナーからベテランキャンパーまで幅広い方に人気のタープです。

・ソロなら使いやすい3×3、居住スペースを確保したいなら4×4がおすすめです。

・ホントに使えるタープです。言うことなし。

OneTigris ヘキサタープ


出典:amazon

使用サイズ300×400㎝
収納サイズ30×10㎝
ループ19箇所
耐水圧2,000㎜

300×400㎝の長方形で雨風でもハンモックの端が濡れる心配もありません。19箇所のループでタープアレンジも自由自在。重さ1.1㎏のタープは軽くて持ち運びも楽々です。

どんな場所でも自然に馴染むカラーで紫外線対策や防水効果もあるため、キャンプ場だけでなく夏の海水浴でも使いたい方にもおすすめのタープです。

・半日ほど雨で使用しましたが、撥水と雨漏り大丈夫でした。風も5~7メートル前後吹いていましたが耐えてくれました。

・多くのループでアレンジができて、とても重宝しています。そして3×4タープの使い勝手が良かったです。

Unigear 防水タープ キャンプ タープ テント

出典:amazon

使用サイズM:220×240㎝ L:300×300㎝ XL:300×400㎝ XXL:300×500㎝
収納サイズM:31×19㎝  L:31×19㎝  XL:36×21㎝  XXL:40×24.5㎝
ループM・L:8箇所  XL:18箇所  XXL:19箇所
耐水圧3000㎜以上

210Dオックスフォード生地を使用したシルバーコーティングにより紫外線をカット、濃い影に変え夏の暑い日差しを和らげてくれます。3,000㎜の高い耐水圧により、雨のキャンプも心配いりません。

カラーもアーミーグリーン、グレー、ブラウンの3色から選べサイズも豊富でコスパも良く、6ヶ月のアフターサービス付きなので、初めてのタープとしてもおすすめです。

・全く問題なく使え、縫合部分もテンションに十分耐える処理でした。

・このタープは断然買いだと思います。グロメットの数も多く色々な張り方が出来るし、夜中から雨が降り出しましたが、中央にはシームテープが張ってあり耐水性も十分で、昼は太陽の光も通さず濃い影が作れました。

Kwister 防水タープ

出典:amazon

使用サイズ300×300㎝ 300×400㎝ 300×500㎝ (400×400㎝のみ六角形)
収納サイズ
ループ8箇所
耐水圧3000㎜

耐水圧3000㎜により大抵の雨に対応でき、裏地にはシルバーコーティングを施し紫外線をカット。コスパも良くシンプルな作りなので、タープアレンジもしやすく女性や初心者の方にもおすすめです。

・ゲリラ豪雨から身を守ることができました。

・UVカットで、タープの下に居ても暑くなかったです。

SoomloomレクタタープAdranus

火の粉に強い出典:amazon

使用サイズ(約)290x400cm/(約)380x500cm
収納サイズ(約)36x18cm/(約)44x20cm
ループ16箇所
耐水圧350mm(傘の耐水圧が450mm程度)

コットン35%、ポリエステル65%、TC素材(ポリコットン)の生地で、丈夫で肌触りも良いです。夏は日陰が濃く冬は耐火性に優れているので、ワンポールテントのようにタープをアレンジし、焚き火を囲んで楽しむこともできます。

・色はコヨーテっぽい。カーキ寄りではない。生地もしっかりしていて丈夫でした。

・素材、縫い目、ハト目も全て良さそうです。

Free Soldier キャンプ タープ

出典:amazon

使用サイズ300×300㎝
収納サイズ43×29㎝
ループ16箇所
耐水圧3000㎜

遮熱・遮光・UV遮蔽率・耐水圧共に高く、グロメットやループに補強布が貼られているため、強風でも裂けにくく色々な天候にも対応た万能タープです。

オレンジ、グレー、ネイビー、ブラウンとカラーも選べ、コスパも良く重さも1.2㎏と軽いので、ソロキャンプやバックパックにも最適です。

・コスパも良く、色々な張り方が出来るので良いです。

・11月にキャンプで使いました。雨が降ってきましたが、しっかり水を弾いてくれました。

BUSHMEN travel gear(ブッシュメン トラベル ギア) Thermo-Tarp サーモタープ 

出典:amazon

使用サイズ300×200㎝ 300×300㎝ 300×400㎝
収納サイズ24×12㎝  26×13㎝  30×13㎝
ループ14箇所   19箇所   26箇所
耐水圧3000㎜

タープの裏面に断熱シートが仕様されており、寒い時には断熱シートを内側に、暑い時には外側にして外気をカット、快適空間を確保できます。

ループも多くハンモック泊にはもちろん、タープ泊も数多くのタープアレンジができるので、キャンパーの創造力を掻き立てられる中級者以上のタープです。

・12月の初日に使用しました。裏の熱の反射層のおかげでとても暖かく、日中は上着が要らない程でした。

・雨や雪の日にハンモック泊がしたくて購入しました。冬キャンプが楽しみです。

Aqua Quest (アクアクエスト) Defender タープ

出典:amazon

使用サイズ300×200㎝ 300×300㎝ 300×400㎝ 450×450㎝
収納サイズ25 x 15 x 10 cm
ループ20~37箇所
耐水圧20,000mm

DDタープと並ぶ人気のタープ。

驚きの耐水圧20,000㎜は、業界最先端!雨、風、雪、太陽と1年を通してどんな天候にも耐える優れもの。

多くのループを使い、人とは被らない自分だけのタープアレンジを楽しむことができます。

・大き目のサイズを選んで正解でした。どんな張り方も出来ちゃいます。 引っ張り強度は問題なく 、今度は雨の日の設営が楽しみです。

・8月の台風が接近し、強風の中、タープとして使用しました。雨にも風にも強く、5日間のキャンプを耐え抜きました。

SLUMBERJACK(スランバージャック) SATELLITE TARP サテライトタープ

出典:amazon

使用サイズ307×259㎝
収納サイズ28×18×12㎝
ループ15箇所
耐水圧

収納時の重さ850gと軽く、シームステープで防水仕様になっており、一体になっている収納ポケットは小物入れにもなります。

スランバージャック社のオリジナルカモ柄で、どんなタープアレンジもカッコ良く決まるタープです。

・非常に良く作られていて耐久性があります。

・雨の中でも設営も早くでき、テントを守ってくれました。

ハンモック泊もタープ泊も楽しめるタープは、魅力がいっぱい

OneTigrisタープ出典:amazon

気になったタープは、ありましたか?

ハンモック泊やタープ泊のタープは、奥深く、アレンジ次第で様々なキャンプスタイルが広がるのがとても魅力的ですね。

お気に入りのタープで大自然を五感いっぱいに感じ、自分にあったタープアレンジで、色々なキャンプスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました