コンパクトだけど切れ味抜群!キャンプで使うノコギリに最適 !シルキーポケットボーイをレビュー

キャンプギア

こんにちは!yusan campです。

キャンプ場に落ちている枯れ木で薪を作る時に便利なノコギリ。長い枯れ木を焚き火台に合うサイズに切断したり、硬めの薪を切る際にも活躍します。ノコギリと言えば四角い刃をした大きい道具を思い浮かべますが、

今回紹介するノコギリはシルキーポケットボーイというノコギリ。

  • コンパクトサイズで収納に便利
  • コンパクトだけど切れ味がいい

キャンプにピッタリなノコギリなんです!実際の使用レビューを紹介していきたいと思います。

シルキーのノコギリは高品質な日本製

出典:amazon

シルキーのノコギリは兵庫県小野市に本社を置くユーエム工業という会社が製造、販売しています。会社の基本方針に、「我々ユーエム工業は世界一の鋸メーカーとして 世界一切れる鋸シルキーを作り続ける」とあります。その高品質なノコギリは海外のユーザーにも人気があり、海外のブッシュクラフターの動画にも度々登場しています。

シルキーのノコギリの刃には切れ味を良くする秘密がある

一般的なノコギリはノコギリと木材の間の詰まりを防ぐために刃先が左右に分かれている「アサリ分け」という構造になっていますが、切り口に線傷がついてしまいます。

シルキーのノコギリは「アサリなし」という刃先側を最も厚くした曲面構造と鏡面研磨で仕上げることにより、詰まりをさらに防ぎ、切れ味の良さと切り口の綺麗さを実現しています。さらに未来目というシルキー独自の刃の目立てにより、あらゆる方向からの切断能力に長けています。

詳しく知りたい方はシルキーの公式ホームページを参照してください。

シルキーポケットボーイの使用レビュー

キャンプには万能目のタイプがおすすめ

シルキーポケットボーイはブレード長が130mmと170mmのタイプがあります。

私が使用しているポケットボーイはコンパクトさを優先して選んだブレード長130mmのタイプで、刃の目立ては万能目です。

刃の目立ては、他に荒目、細目、カーブなどがありますが、キャンプで使用するなら汎用性が高い万能目がおすすめです。

  • 荒目:木屑のはけがいいので太い枝向け
  • 細め:刃のひっかかりが少ないので細い枝向け、竹の切断にも向いています
  • カーブ:刃を引く時に押し付ける力が働くので少ない力で効率よく作業できる
  • 万能目:汎用性が高い

キャンプに最適!コンパクト収納

PRESSと書いてあるボタンを押すとロックが解除され、ノコギリの刃が動きます。グリップ刃を収納する溝があるので、刃を折りたたんでハンドルの溝に収納することができます。ノコギリを使う時には刃をそのまま開くだけでロックがかかるので簡単です。

収納時はなんと、手のひらサイズのコンパクトさ!折り曲げて刃部分を隠せるので持ち運ぶ時の安全性が高く、安心です。ハンドル部分に穴が開いているのでカラビナでバックパックにぶら下げて収納することもできます。

軽量で使いやすい

キャンプで使っているフルタングナイフ、JOKERナイフのエンバーと比較してみました。ほぼ変わらない大きさですね。重さも180gと非常に軽量なため、ナイフのように取り廻せるコンパクトさも魅力です。

ハンドルがラバー製なのでホールド感がいい

シルキーポケットボーイのハンドルはラバー素材を採用しています。滑りにくく、ホールド感がいいので力を入れやすく、作業がしやすいです。

コンパクトでも切れ味抜群!

キャンプ場で拾った太めの枯れ木を実際に切ってみます。

刃のサイズが小さいので簡単に、というわけにはいきませんが、食い込みと切れ味がよく思っていたより早い時間で木を切断することができました。

細めの枝なら簡単に切断することができます。切れ味抜群です!

シルキーポケットボーイを1本持っていれば枯れ木を切って作った焚火の薪、ランタンポール、テントやタープのポールも木で作ることが可能です。キャンプでの楽しみ方の幅が広がります。

太い枯れ木を切断するには時間がかかる

かなり太めの枯れ木にも挑戦しましたが、さすがに時間がかかります。腕に乳酸がたまりました。

刃だけを交換できるのでコスパがいい!

出店:amazon

シルキーポケットボーイは刃部分だけを交換することができます。刃の値段はノコギリ本体の約半分です。刃がダメになっても新品に買い替えずに済むのでコスパが非常に良く、長く使い続けることができます。

ハンドルを交換して好みのカラーにカスタムできる

出典:amazon

ポケットボーイはハンドル部だけの部品も販売しています。カラーの種類が多く、ハンドルを気分や好みでカスタムして楽しむことができます。

太い木を素早く切断できるシルキーのゴムボーイもおすすめ

出典:amazon

ポケットボーイに比べてサイズは大きいですが、太い枯れ木を素早く切断できるカーブソーを採用したゴムボーイもおすすめです。刃がカーブ構造しているため切断方向に押し付けるように自然に力が加わり、スムーズで素早い切断が可能です。切れ味の耐久性も抜群です。

キャンプ場で焚火のリフレクターやポットハンガーなどを作る時のように、太い木をたくさん切断する必要がある時にも素早く作業できるので時間の節約にもなります。

シルキーポケットボーイは初めての1本におすすめのノコギリ

コンパクトに収納できて取り回しのしやすいシルキーポケットボーイはキャンプで初めて使う1本におすすめのノコギリです。薪やポールを木で手作りすればキャンプの楽しみ方や自由度が格段に上がります。ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました