【レザークラフト入門】キャンプに便利!レザーブランケットホルダー作りに挑戦

キャンプギア

こんにちは、Natsuです。

キャンプに使うマットやブランケットなどを収納するホルダーは、便利ですよね。

同じように「ケースのないソロテントを収納できないか…」色々考えた結果。「せっかくならレザークラフトで、自作のブランケットホルダーにしたい!」と思い、作ってみましたのでご紹介したいと思います。

長さを色々変えて、お持ちのブランケットやレジャーシートなどにも使えます。興味のある方は、ぜひ読んで作ってみてくだい。

準備するもの

  • ベルト用革・・・幅2.5㎝×90㎝×2本
  • 取っ手用の革・・・2.5㎝×50㎝
  • ベルト用サル革・・・1㎝×6㎝×2個
  • クダ尾錠・・・2.5㎝幅
  • 片面カシメ・・・中
  • ロータリーポンチ・・・1.8~4.5㎜
  • カシメ打棒・・・大
  • カシメ打台
  • 木槌または金槌
  • 千枚通し

革は、東急ハンズやホームセンター・通販など革製品を取り扱うお店に売っています。ベルト用の革は、下準備をしなくてもすぐに作れて使えるので、時短にもなり大変便利です。

道具も100均に売っているものもありますので、低コストで抑えられます。ベルトやカシメのサイズは、好みのサイズで選んでくださいね。

ブランケットホルダーの作り方

ベルトのサル革を作る

サル革はベルトを通して止める輪っか部分になります。2本のベルトを作るので、2本分のサル革を作ります。

両端から2㎜のところに穴を開ける印を付け、ポンチで1.8㎜の穴を開けます。ロータリーポンチは、ひとつで色々なサイズの穴が開くので便利です。

サル革を輪っかにするため、穴を糸で縫います。

糸の始末はライターを使い、炙って固定します。裏返しにすると作業しやすいです。

結んで固定しても大丈夫です。

クダ尾錠とサル革を固定する穴を開ける

クダ尾錠のピンを差し込む穴を開ける

端から5㎝ぐらいの位置にクダ尾錠のピンが入る小判型の穴を開けます。印を付け、3.3㎜のポンチで1.5㎝前後の穴を開けます。

ベルトが折り曲がる位置になるので、クダ尾錠を合わせて印をつけるとイメージしやすいです。小判型の穴は、両端に穴を開けて間をカッターで切ると良いらしいのですが、ポンチで連続の穴を開けました。

ピンは、左右に動かして確認しながら、滑らかな動きができるぐらいの穴がよいです。

クダ尾錠を固定する位置に穴を開ける

ベルトの金具部分になるクダ尾錠とベルト用サル革をカシメで固定する穴を開けます。

クダ尾錠のピンを差し込み、ピンから1.5㎝前後の位置に印を付け、ポンチで3.3㎜の穴を開けます。裏側にも重ねて印を付けて、穴を開けます。実際にサル革を合わせて位置を確認するとイメージしやすいです。

サル革を合わせ、固定する位置に穴を開ける

サル革を通し、2ヶ所目のカシメの位置に印を付け、穴を開けます。裏側も同様に穴を開けます。

一度広げてみると、ベルトの端から、1.5・3.5・5(小判型)・7・10㎝ぐらいの場所に穴が開きました。

カシメで固定する

カシメを差し込み打ちます。カシメを打つ前にボンドで固定するとより良いそうです。

  1. ベルトの裏側にカシメの凸を差し込む
  2. ベルトの表側を上にする
  3. カシメ打台の上にカシメ部分を合わせ、表側に出ている凸のカシメに凹を合わせる
  4. カシメ打棒をカシメに合わせ、金槌で垂直に打つ

一気にベルトっぽくなりました。

ベルトを調節する穴を開ける

ベルトの長さを調節する穴を開けます。穴の数や幅は、お好みでOKです。私は、4.1㎜の穴で2.5㎝幅にしました。型紙の代用として持っているベルトの穴を参考に開ける位置を決めました。

ベルトの先端をカット

ベルトの角を好みの形にカットします。ベルトの穴と同じように持っているベルトを型紙代わりに使い、印を付けカットしました。

あっという間にベルトの完成です。同じベルトをもう1本作ります。

取っ手のループを作る

色々な形がありますが、今回は1本の革の両端をループにしてそれぞれ1箇所づつカシメで留めるだけのお手軽取っ手にします。

革の端にベルトを通す10㎝前後のループを作ります。ループは好みの長さで大丈夫です。

カシメの位置を端から2㎝ぐらいに印を付け、表裏に3.3㎜の穴を開けます。

ベルトの要領でカシメをしっかり打ち固定します。

同様に反対側もループを作ります。

使う時は、ベルトを取っ手のループに通して固定します。      ブランケットホルダーの完成です。

レザークラフトを使ったお気に入りのギアで、キャンプを楽しもう

いかがでしたか?意外と簡単にできそうですよね?正しい手順や色々な作り方があると思います。ズボラな私でもお手軽なブランケットホルダーができたので、レザークラフトをしたことがない方にもおすすめです。自作のブランケットホルダーを使い、お気に入りのギアでキャンプに出かけてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました