【自作ギア】広くて快適!ポーランド軍幕テントの二股化は安くて簡単

キャンプギア

こんにちは、Natsuです。

キャンプブームで色々なテントがあるなか、軍幕テントを使うキャンパーが急増中。最近ではInstagramやYouTubeなどのSNSでも「#軍幕女子」や「#軍幕デビュー」と、初めて軍幕を使う方や女性にも人気があります。私も軍幕に魅了されたキャンパーのひとりです。

今回、私が使用している「ポーランド軍幕の二股化」が自作で簡単にできるのでご紹介します。初めて軍幕を使う方や女性にも使いやすく低コスト!広くてより快適に軍幕キャンプを楽しめますよ。

軍幕って何?

軍幕は、世界の軍隊が実際に使用しているテントです。各国によってカラーや形が違います。一目でどこの国や部隊なのかすぐにわかるのが特徴です。

軍幕といえば、アメリカ軍のパップテントとポーランド軍のワンポールテントの2大軍幕に人気があります。ドイツやオランダ・フランス…など、色々な国の軍幕もコアなキャンパーさんが使われていてカッコいいですよね。

軍幕は、軍の払い下げ品やガレージ品などのミリタリーショップで販売されています。無骨でワイルド、渋いカラーがカッコよく男性に大変人気です。ヴィンテージの軍幕は、新品にはない雰囲気があり長い歴史を感じます。奥深くなんとも言えない味わいが魅力で、一度使うとハマってしまうのも納得ですね。

ポーランド軍幕の素材

ポーランド軍幕は、通気性のよいコットン素材を使用。室内の水分を吸い、室外に水分を蒸発させるので、結露を防ぎ快適に過ごせます。暑い夏はコットンの濃い影を作り、室内を涼しくします。寒い冬は水分を含み外の冷気をカット、暖かい空気を保温します。

コットン素材は丈夫で燃えにくいので、焚き火の火の粉にも強いです。冬に活躍する薪ストーブをインストールしたり、キャンプの醍醐味でもある焚き火も気にせず存分に楽しめます。

ポーランド軍幕の設営

ポーランド軍幕は、ポンチョテントです。ポンチョのように着て移動ができ、テントにするには2枚のポンチョを繋げてワンポールテントにします。

2人1組の使用ですが、ゆったりできるソロキャンプにおすすめ。2枚のポンチョテントとポール1本・8本のペグで設営できます。ワンポールテントと同じような設営で比較的簡単なので、初めての方や女性でも設営しやすいですよ。

ポーランド軍幕の二股化の特徴

ポーランド軍幕の設営は簡単でとてもよいですが、より快適に過ごせる二股化はとてもおすすめ。

二股化の最大のメリットは、中央の広い空間です。2本のポールを幕の両サイドに立てることで、自由な導線ができ出入りが楽になります。センターポールがないので、荷物やコットを真ん中に置くこともできます。センターポールを気にせず自由なレイアウトを楽しめるのが魅力ですね。

デメリットは、ポールが1本から2本になるので、その分荷物が増え重くなります。また、センターポールを活用したレイアウトはできません。デッドスペースをなくし、広い空間を優先したい方におすすめです。

ポーランド軍幕の二股化パーツ

二股化にするには、2本のポールをAラインになるように立て、重なる先端部分を二股化できるパーツにはめ込むだけで簡単にできます。市販でも販売しているので、気になる方はチェックしてみてください。

出典:amazon

 

ポーランド軍幕の二股化パーツを自作

市販よりもっと費用を抑えてできる二股化パーツを自作します。二股化パーツの材料は、ホームセンターや通販で販売されており、数百円で準備することができますよ。

用意するもの

  • ポール2本・・・直径19㎜,長さ190㎝
  • 塩ビエルボ(サイズ20)・・・内径26㎜,縦×横:70×70㎜
  • 塩ビパイプ(サイズ20)・・・内径20㎜,長さ:45~50㎜
  • パイプカッター
  • 輪ゴム・・・すべり止め用

塩ビカッターは100均で販売されていたり、ホームセンターでカットしてもらえると費用がかかりません。私が使用しているポールは直径19㎜なので、ポールが入る大きさの塩ビを選びました。

二股化パーツの作り方

 
手順1)ジョイント部分になるL字型塩ビの両サイドに塩ビパイプを矢印の方向に差し込みます。
手順2)軍幕から二股化ポールが外れないようにするため、L字の角にすべり止めの輪ゴムを巻きます。ゴムはなくても大丈夫ですが意外と効果があるので、気になる方は試してみてください。
あっという間に二股化パーツの完成です!驚くほど簡単です。

自作の二股化パーツを使って設営

では、早速設営します。細かく分けても6つの工程で完成なので、とても簡単ですよ。ステップ1)2枚のポンチョの片側だけをボタンで留めて広げます。ボタンで留めていない方が出入口になります。ステップ2)軽くペグダウンします。最後にペグの位置を調整するので、簡単でOK!入口の1箇所は、ペグダウンしないで開けておきましょう。ステップ3)二股化パーツにポールを矢印の方向に差し込み、軍幕中央天井部にはめ込みます。色々なやり方がありますが、ポールを1本づつはめ込んだ方が私は楽に設営できます。ステップ4)もう1本のポールも差し込み、軍幕の左右にポールの下部を固定します。軍幕の中で、△のAラインのように立てばOK!(イメージ↓)ステップ6)最後にペグの位置や幕の張り具合を調整すると、完成です。センターポールがないので、とっても広い空間ができます。中央にコットを置いても大丈夫!二股化だからこそですね。

ポーランド軍幕を二股化にして快適キャンプを・・・

いかがでしたか?ポーランド軍幕の二股化は、簡単にアレンジできますよね。気分によってワンポールにしたり二股化にしたり、使い分けても楽しいですよ。

二股化は軍幕テントだけでなく、ワンポールテントにも対応できます。気になった方は、ぜひ試して快適キャンプを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました