バトニングやフェザースティック作りにチャレンジしてみよう!おすすめブッシュクラフトナイフを紹介します!

キャンプギア

出典:pixabay

こんにちは! yusan campです。

火起こし前の薪割り(バトニング)やフェザースティック作りに1本あると便利なブッシュクラフトナイフ。ファイヤースターターを使って着火することもでき、1本あれば焚き火の準備がスムーズに行えます。

また、一般的な斧やナタと比べて比較的サイズがコンパクトなので初心者や女性にも扱いやすく、荷物も軽量化することができます。

ブッシュクラフトナイフは形状や構造の違いで様々な種類がありますが、今回はその中でも薪割り(バトニング)やフェザースティック作りに最適なおすすめナイフを紹介していきたいと思います。

バトニングに使うならフルタング構造のシースナイフがおすすめ

出典:UPI OUTDOOR PRODUCTS WEB SHOP

1つの鋼材から製造されたナイフをシースナイフと言います。刃渡りが長く、アウトドアなどのハードな環境下でも対応できる耐久製の高いナイフです。

ナイフの刃(ブレード)の中でグリップ部分に当たる場所をタングと言います。このタング部分がグリップエンドまで貫通している構造のことをフルタング構造と言います。

非常に頑丈な構造なので、ナイフを木で叩いて薪割りをするバトニングに向いています。ただし密度が高く硬い広葉樹などはフルタングナイフでもバトニングには厳しい場合もあります。

硬い木材の薪割りには鉈を使う方法もおすすめです。最近ではキャンプ向けのコンパクトタイプの鉈も多く販売されています。

 

刃形状はバトニングやフェザースティック作りに両方使えて手入れが簡単なスカンジグラインドがおすすめ

 

スカンジグラインドはブッシュクラフトが生まれた地域である北欧から発祥した刃の形状です。ナイフの中央部分から真っ直ぐ刃付けされています。

スカンジグラインドのメリット

  • 刃が真っ直ぐ付いているのでナイフを研ぐ際に研石に当てる角度がつかみやすく、作業がしやすい。
  • 薪割り(バトニング)の際に刃先が木材に食い込みやすく、尚且つ木材を押し広げてくれるので作業効率が良い。
  • 刃先が真っ直ぐなので力加減の調整がしやすく、適度に刃がくい込むのでフェザースティックがちぎれにくく作りやすい。

更に耐久性が高い刃形状コンベックスグラインド

出典:amazon

コンベックスグラインド(別名ハマグリ刃)という刃形状があります。ブッシュクラフトナイフの中では抜群の切れ味と耐久性を誇ります。バトニングやフェザースティック作りに最適です。

ただ、研ぎ方が難しくメンテナンスのしやすさの点ではスカンジグラインドの方がおすすめです。

スカンジグラインドは食材のカットには不向き

スカンジグラインドのナイフは食材のカットにも使用できますが、どちらかといえば不向きです。食材のカットには刃形状がフルフラットグラインドのナイフが適しています。

出典:amazon

OPINEL(オピネル)のナイフなどが有名です。食材カット用に1本別に小型のナイフを用意しておくと料理の際に便利です。

おすすめのブッシュクラフトナイフを紹介!

フルタング構造シースナイフの中からおすすめ製品を紹介していきます。

ナイフは正当な理由なく携帯することは法令により禁止されております。18歳未満の方は購入しないようお願いします。

HELLE(ヘレ)ナイフ ディガルガル

出典:amazon

人気ソロキャンパーであるヒロシさんが使っていることで有名なHELLE(ヘレ)ナイフ、ディガルガル。キャンプの聖地ノルウェー生まれのナイフで、職人の手で一つ一つ丁寧に製造されています。アフリカ大陸がデザインされている革製のシースも雰囲気抜群!

グリップは少し大きめですが持ちやすくナイフの切れ味も高品質。フルタング構造なのでバトニングに最適です。

JOKER(ジョーカー)ナイフ エンバー

出典:amazon

刃長 105mm
刃厚 3.7mm
全長 223mm
重量 183g

スペインの老舗ナイフメーカーJOKER(ジョーカー)。ナイフの刃部にはスウェーデン鋼のサンドヴィック社製ステンレス鋼を採用。雰囲気抜群の革製のシースと火起こしに便利なファイヤースターターが付属しています。

全体的に長さや重さのバランスが良く、フェザースティックが作りやすくおすすめです。もちろんフルタング構造なのでバトニングにも最適です。ブッシュクラフトナイフ入門用にもおすすめの1本です。

実際に使用したレビューです。

 

モーラナイフ Garberg(ガーバーグ) Standard

出典:amazon

刃長 約10.9cm
刃厚 約3.2mm
全長 約22.9cm
重量 約170g

人気ナイフブランド、モーラナイフが2020年に発売した1万円以内で購入できるコスパの高い製品。フルタング構造でバトニングでの使用もOK。ポリアミド素材のグリップは非常に手によく馴染みホールド感抜群です。ナイフの柄に木材を利用したナイフより水回りに強く、軽量で操作性も抜群。フェザースティックも作りやすく、初心者におすすめの1本です。

BAREBONES(ベアボーンズ) NO.6 フィールドナイフ

出典:BAREBONES

刃長 15.2cm
全長 26.6cm
刃厚 1.9mm
重量 318g

BAREBONES NO.6フィールドナイフは高炭素鋼を採用したブレードとVフラットグラインドの刃形状により優れた強度と切れ味を実現。さらにフルタング構造なのでバトニングに最適!他社製品に比べて重さがありますが、刃厚が薄いのでフェザースティック作りのしやすさが抜群!おしゃれなシースケースがポイントです。

Real Steel(リアルスチール)ブッシュクラフトプラス スカンジグラインド

出典:amazon

刃長 116mm
全長 240mm
刃厚 4.5mm
重量 205g

コアなファンが多いナイフブランド、リアルスチールの定番ブッシュクラフトナイフです。ブレードには耐久製の高いスウェーデン鋼を採用。刃厚が4.5mmと厚さがあるので叩く際にに力が伝わりやすくバトニングしやすい構造になっています。本格的な性能のナイフですが1万円未満で購入できます。非常にコスパの高い製品です。

VICTORINOX(ビクトリノックス) アウトドアマスター L ファイヤースターター付

出典:amazon

刃長 100mm
全長 220mm
刃厚 4mm
重量 220g

マルチツールやキッチンナイフなどで有名なビクトリノックスからファイヤースターター付きの本格的なブッシュクラフトナイフが登場。グリップ部分に耐熱、耐水、耐摩耗性に優れたマルカイタ材を採用。もちろんフルタング構造でバトニングでの使用もOK。ファイヤースターターでの着火時に火花が出やすいようにナイフの刃の背部分が鋭い角度の形状になっています。

BarkRiver (バークリバー) ブラボー1 A2

出典:amazon

刃長 107mm
全長 230mm
刃厚 5.5mm
重量 209g

ブッシュクラフターにコアな人気があるアメリカ生まれのバークリバーナイフ。ブラボー1はブッシュクラフトナイフというよりはサバイバルナイフに分類されています。

切れ味抜群なコンベックスグラインドの刃形状が特徴のナイフでアメリカ海軍が実際に試用してその性能を認められた1本です。

フルタング構造で刃厚が5.5mmとかなり強固な構造でバトニングに最適!グリップ素材には衝撃に強く、耐久性抜群な人工素材キャンバスマイカルタを採用。カッコいい革製のシースもおすすめポイントです。

ブッシュクラフトナイフが1本あればキャンプが更に楽しくなる!

出典:BAREBONES

ブッシュクラフトナイフが1本あれば火起こしの際のバトニングでの薪割りやフェザースティック作りなど、キャンプの楽しみ方の幅が格段に広がります!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました